20151123%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・単複共に3位となった重信(右)と、重信と組み同じく3位に輝いた岩崎>

 11月23日、大阪市立千島体育館にて第65回関西学生バドミントン新人戦大会(5日目)が行われた。関学からは岩崎(教1)・重信(人1)組とシングルスで重信が出場。決勝へ駒を進めることはできなかったが、1年生ながらも3位の成績を残した。

【試合結果】
シングルス
3位 重信

ダブルス
3位 岩崎・重信組

試合後のコメント
今大会3位となった岩崎遥香・重信萌夏組「3位という結果は悔しい。西日本で負けていて今回はリベンジマッチとなったが、簡単には勝たせてくれなかった。押されはじめると、動揺してしまったと思う。そこを修正していかないとこれからも勝てない。でも、前に負けたときより気持ちは向かっていけた。次は絶対に倒さないといけない」
シングルスでも3位となった重信萌夏「相手がラリーの主導権を握っていて決め急いでミスをしてしまった。半分以上の点は取れたので本当に勝てない相手ではないし、格上相手にどれだけ通用するのかが分かった。課題を潰さないと勝てないので、自分の弱点を克服する練習をしていきたい」

このページの先頭へ