160425%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・リーグ戦初出場で初勝利を挙げた上田>

 4月25日、大阪市中央体育館にて平成28年度関西学生バドミントン春季リーグ戦1日目(対武庫女大)が行われた。初出場となった蘭(社2)と上田(人1)、ペアでの出場は初となった宇都宮(社3)・重信(人2)組が白星を挙げ、5ー0で武庫女大にストレート勝ち。第2戦はあす26日(火)、同会場にて行われる。

本日の結果
S1 谷口(人4) ☆2ー1
S2 蘭 ☆2ー0
D1 小池(理4)・中村(教4)組 ☆2ー0
D2 重信・宇都宮組 ☆0ー2
S3 上田 ☆2ー0

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香「今日は勝つべき相手だったが、初出場の選手も活躍してくれて踏み台になる試合になったと思う。ビハインドの場面からみんなよく踏ん張った。明日も簡単には勝てないと思うが、みんなで泥臭く戦っていきたい」
リーグ戦初出場で初白星を挙げた蘭沙也可「谷口さんから団体戦を意識するよう言われていたので、心をつくって臨むことができた。去年は同期が活躍していて悔しい思いがあったが、起用してもらえるように誰にも負けない気持ちでやってきた。明日も自分らしく粘り強いプレーをしていきたい」
リーグ戦初出場で初白星を挙げた上田麻未「高校と試合の雰囲気が違って、最初は緊張したが、みんなの応援で2セット目には力を出せた。持ち味の上からのショットを出すことができたと思う。4年間を通してインカレで勝てる選手になりたい」
リーグ戦で初めてペアを組み、初勝利を挙げた宇都宮茉佑・重信萌夏組「途中で引いてしまう場面があったが、その中で立て直すことができた。今日は70点くらい。これからは強い相手にぶつかると思うので、今日の勝ちに満足しないようにしたい」

このページの先頭へ