20160426%20%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・不調に苦しみながらも白星をあげた小池・中村組>

 4月26日、大阪市中央体育館にて平成28年度関西学生バドミントン春季リーグ戦2日目(対京産大)が行われた。昨春、2勝3敗と敗れた相手に4勝を挙げ開幕2連勝。次戦は5月3日、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて立命大と行われる。

本日の結果

S1 重信(人2) ☆2ー0
S2 蘭 (社2)☆2ー0
D1 小池(理4)・中村(教4)組 ☆2ー1
D2 重信・宇都宮(社3)組 ☆2ー0
S3 谷口(人4)★0ー2

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香「簡単には勝てない相手と思っていたので、気を引き締めて挑んだ。どの試合でも厳しい場面があったが、諦めず踏ん張れたことが勝因。同期の小池・中村組が調子の悪い中勝てたことは後輩たちとっても刺激になったと思う。きょう勝てたことに満足せずに、次戦も気持ちを切らさないようにしたい」
調子が上がらないながらも白星を挙げた小池紗葉・中村美輝組「きのうの絶好調の試合から一変して調子が悪い中、声を掛け合って逃げ勝てた。1年生の時に比べて、自分達の状況を見て立て直せたのが成長したなと思う。ダブルス1に出ているからには、勝って次に回せて良かった」

このページの先頭へ