20160503%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8.jpg
<写真・惜しくも1-2で敗れた麻井(右)・田中組>

 5月3日、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて平成28年度関西学生バドミントン春季リーグ戦3日目(対同大)が行われた。3試合がファイナルセットまでもつれ込む接戦となったが、あと一歩及ばず。2ー3で今季初黒星となった。次戦は5月4日、龍谷大学深草キャンパスにて龍大戦が行われる。

本日の結果は以下の通り
S1 山元(文4)☆2ー1
S2 山下(人2)★0ー2
D1 池田(法3)・石川(文2)組 ★1ー2
D2 麻井(法4)・田中(商4)組 ★1ー2
S3 中原(商2)☆2ー0

試合後のコメント
主将田中祐聖「今季リーグ戦初出場ということで緊張した。相手は強いと分かっていたが、両ダブルスがもう一踏ん張りしたら勝てたと思う。点を取られた後の気持ちの切り替えを早くしないといけない。きょうの反省をしっかり生かして、あすの龍大戦に臨んでいきたい」 
田中と組み、ダブルス2で今季リーグ戦初出場した麻井恒宏「追い付かれてからずるずると点を取られてしまった。その後の対応が遅かったのが敗因。点差が離れている時からしっかりと体を動かして、点を取られても引きずることのないようにしたい。泥臭く、粘り強いバドミントンで次戦は勝ちます」

このページの先頭へ