20160504%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8.jpg

<写真・今季リーグ戦初黒星となった宇都宮(右)・重信>

 5月4日、龍谷大学深草キャンパスにて平成28年度関西学生バドミントン春季リーグ戦4日目(対龍大)が行われた。ここまで3戦全勝の龍大に1ー4で敗れ、今季2敗目。次戦は5月6日、大阪市中央体育館にて同大とリーグ戦最終戦が行われる。

本日の結果
S1 重信(人2) ★0ー2
S2 蘭 (社2)★0ー2
D1 小池(理4)・中村(教4)組 ☆2ー1
D2 重信・宇都宮(社3)組 ★0ー2
S3 谷口(人4)★0ー2

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香「挑戦者であることを忘れずに試合に臨んだ。きのう負けて、初心に戻って戦おうと言っていた。龍大は強いと頭では分かっていたけど、球の質やスピードの面で、まだまだだなと痛感させられた。勝ちにこだわりすぎて空回りしている。もっと中身にこだわれれば結果も付いてくると思うので、気持ちを切り替えて泥臭くいきたい」
今季ダブルスで初黒星となった宇都宮茉佑・重信萌夏組「実力的には勝てない相手ではなかった。調子が悪いときでも勝てるようにしないといけない。負けた原因は分かっているので、この経験を忘れることなく次への糧にしたい。次戦では受け身になることなくもっと前へ出て攻めたい」

このページの先頭へ