%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%96%EF%BC%90%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%96%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・準優勝を果たし、笑顔を見せる選手たち>

 5月6日、大阪市中央体育館にて平成28年度関西学生バドミントン春季リーグ戦最終日(対同大)が行われた。同大に4ー1で圧勝し、今季3勝目を挙げた。同大、立命大と3勝2敗で並んだが、取得ゲーム数差で2年連続の準優勝。また、重信(人2)が最多勝者に贈られるバドミントンマガジン賞を受賞した。

本日の結果
S1 蘭 (社2)☆2ー0
S2 上田(文2)★0ー2
D1 小池(理4)・中村(教4)組 ☆2ー1
D2 重信・宇都宮(社3)組 ☆2ー1
S3 重信☆2ー0

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香(人4) 「今日の試合も変にオーダーをいじらず、ガチンコのオーダーを組んだ。メンバーが大きく変わってみんなよく頑張ったと思うが、優勝が目標なので悔しい思いが強い。2位に満足せず、今回の結果をバネにしたい」
バドミントンマガジン賞を受賞した重信萌夏「うれしい。勝負所で勝ちきることができたのが良かったと思う。今季は単複で出場し、責任感が前よりも増した。次は関西選手権になるが、いろんなタイプの相手にも安定して勝てるようにしたい」
今リーグ戦でデビューを果たし、3勝2敗の成績を残した蘭沙也可「リーグ戦を通して、個人戦とは違い一本一本のラリーに懸ける重さを感じた。今回のリーグ戦で多くのことを学べた。練習での悔しさを忘れずに、下級生でもチームを引っ張ってい きたい」

このページの先頭へ