160622%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決め、ガッツポーズする池田(右)・石川組>

 6月22日、大阪市中央体育館にて、平成27年度関西学生バドミントン選手権大会(1日目)が行われた。
ダブルスAでは、原田(総4)・堀(人3)組と吾野(商3)・山下(人2)組、池田(法3)・石川(文2)組が3回戦突破。ダブルスBは、廣田(法3)・豊田(経2)組、江戸(総4)・山崎(教3)組の出場した2組が勝ち上がった。4回戦、準々決勝は28日、大阪市東淀川体育館にて行われる。

【試合結果】

シングルスA
・4回戦進出
原田・堀組
吾野・山下組
池田・石川組

・3回戦敗退
山元(文4)・弓長(経3)組
間部(総3)・竹内槙(国2)組

・2回戦敗退
田中(商4)・麻井(法4)組
西川(人4)・鍵谷(人1)組
中原(商2)・北里(総2)組
福原(社1)・西原(国1)組

・1回戦敗退
小森園(社3)・高木(法3)組
江川(法2)・竹内裕(経2)組
赤田(経1)・縄稚(社1)組

ダブルスB
・3回戦突破
廣田・豊田組
江戸・山崎組

シングルスB
・1回戦突破
縄地

試合後のコメント
主将田中祐聖「点数の取り方、取られ方がよくなかった。集中しないといけないところでミスが目立ったと思う。負けてしま ったことは変わらないので、シングルスでは引いてしまうことなく積極的なプレーをしてほしい」

このページの先頭へ