20160623%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・5回戦進出を決めた吾野>

 6月23日、大阪市中央体育館にて第66回関西学生バドミントン選手権大会(2日目)が行われた。
 この日はシングルスAが行われ、ダブルスでも勝ち上がった吾野(商3)と北里(総2)が5回戦進出を決めた。5回戦、準々決勝は28日、大阪市東淀川体育館にて行われる。

【試合結果】
・5回戦進出
吾野
北里

・4回戦敗退
麻井(法4)
山元(文4)
石川(文2)

・3回戦敗退
西川(人4)
池田(法3)
弓長(経3)
中原(商2)

・2回戦敗退
田中(商4)
堀(人3)
竹内裕(経2)
山下(人2)
赤田(経1)
鍵谷(人1)
西原(国1)

・1回戦敗退
原田(総4)
小森園(社3)
高木(法3)
廣田(法3)

間部(総3)
江川(法2)

竹内槙(国2)

豊田(経2)
福原(社1)

試合後のコメント
副将西川徹「勝てる試合で負けた人が多かったと思う。ダブルス組も、練習をしていないシングルスでも残って欲しかった。プレッシャーもあると思うが、残った2人には最後まで気持ちを切らさず優勝してほしい。負けたりリーグ戦でベンチに入っていないメンバーも、上を目指してほしい。そうすることでチームの競争が激しくなると思う」

このページの先頭へ