20160827%20%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・勝利を決め、ハイタッチをする宇都宮(写真中央)と重信(右から3人目)>

 8月27日、山口県ソルトアリーナ防府にて第56回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)2日目が行われた。3回戦は鳥取大にストレート勝ち、準々決勝は同大に1ゲームを取られたものの、その他の試合は順調に勝ち、ベスト4進出を決めた。
 明日は同会場にて準決勝、決勝が行われる。

[本日の試合結果]
3回戦 対鳥取大
S1 蘭(社2)☆2ー0
S2 谷口(人4)☆2ー0
D1 小池(理4)・中村(教4)☆2ー0

準々決勝 対同大
S1 重信(人2)☆2-0
S2 蘭 ★0-2
D1 小池・中村  ☆2-0
D2 重信・宇都宮(社3)☆2-0

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香「準々決勝は3-0で勝ちたかったが、内容は悪くなかった。雰囲気もよく、自分たちのプレーができていた。目標は優勝だが、上を見過ぎずひとつひとつ勝ち進みたい」
小池紗葉・中村美輝「3回戦は相手というより風との勝負だった。準々決勝はこれまでにないくらい緊張したが、攻める姿勢で試合に挑めた。準決勝で対戦する立命大はシングルスが強く、ダブルスは落とせないので、確実に勝ちたい」

このページの先頭へ