160828%E3%83%90%E3%83%89%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・準優勝を決め、喜ぶメンバー>

 8月28日、山口県ソルトアリーナ防府にて第56回西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)3日目が行われた。準決勝は春季リーグ戦で2-3と敗れた立命大に勝利。決勝は龍大に0-3で敗れたものの、準優勝に輝いた。

[本日の試合結果]
準決勝 対立命大
S1 蘭(社2)★0-2
S2 重信(人2)☆2ー1
D1 小池(理4)・中村(教4)☆2ー0
D2 重信・宇都宮(社3)☆2-1

決勝 対龍大
S1 蘭 ★0-2
S2 重信 ★0-2
D1 小池・中村 ★1-2

試合後のコメント
女子リーダー谷口静香(人4)「優勝に届かなかったのは実力不足だったが、最後まで勝ちにこだわって戦うことができた。次のリーグ戦も優勝を目標にして、強さをもう一度証明したい」
小池紗葉・中村美輝「大学に入ってから団体戦でベスト4の壁を初めて破れたのは良かったが、準決勝の立命戦で少し燃え尽きてしまった。気が抜けていたわけではないが、勝って当たり前と思われている中でこの団体戦は重圧がかかる場面が多く、メンタルの疲れが最後に出てしまった。最後のリーグ戦は、挑戦者としてみんなで勝ちに行きたい」

このページの先頭へ