160917%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・得点を奪い、ガッツポーズをする宇都宮(左)・重信組>

 9月17日、立命館大学大阪いばらきキャンパスにて平成28年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦4日目(武庫女大)が行われた。シングルス1の蘭(社2)が敗れ、その後も苦しい試合展開だったが、残りの試合は粘り勝ち。4-1で勝利を収めた。最終戦は明日、同会場にて行われる。

[本日の試合結果]
対武庫女大
S1 蘭 ★1-2
S2 上田(文1)☆2ー1
D1 小池(理4)・中村(教4)☆2-1
D2 宇都宮(社3)・重信(人2)☆2-0
S3 谷口(人4)☆2-0

試合後のコメント
谷口静香女子リーダー「チーム状態はあまり良くなかった。相手に合わせたプレーをしてしまい、気持ちで向かっていくことができていなかった。明日の龍大戦は、積極的に戦う気持ちを忘れず戦いたい」
ストレート勝ちで試合を決めた宇都宮茉佑・重信萌夏組「ダブルスで落とせないという気持ちもあったが、それはいつものこと。自分たちのプレーをすれば勝てると思っていた。明日も相手よりまず自分たちのやるべき事をしっかりやりたい」

このページの先頭へ