161018%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・3回戦敗退となった小池>

 10月18日、千葉ポートアリーナにて秩父宮・秩父宮妃杯争奪第67回全日本学生バドミントン選手権大会(個人戦1日目・シングルス)が行われた。関学からは5人が出場。3回戦敗退となった小池(理4)以外は初戦敗退に終わった。あすは同会場にて、シングルス、ダブルスともに4回戦以降が行われ、関学からは小池・中村(教4)組が出場する。

【試合結果】
3回戦敗退
小池
1回戦敗退
谷口(人4)
重信(人2)
蘭(社2)
上田(文1)

試合後のコメント
谷口静香女子リーダー「関東の力の差を感じた。女子の選手とは言っても、力強い球を打ってきたし、リズムも変化をつけてきた。そこは自分たちとの違いを感じた。団体戦の時も話した が、来年のチームには団体戦で勝ってほしい。チームを思える集団になってほしいと思う」
3回戦敗退となった小池紗葉「シングルスはあまり練習していなかったが、最後は東日本王者との対戦だったので頑張ろうと思った。明日はダブルスで出場するので、今日の疲れを残さず、最終日に残れるようにしたい」

このページの先頭へ