20170423%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・応援を受ける中原>
 
 4月23日、関西大学中央体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第2戦(対近大)が行われた。
  第1シングルスで山下(人3)が敗戦したが、第2シングルスで北里(総3)が接戦を制し同点に。続く第1ダブルスで竹内(経3)・江川(法3)組が見事勝利するも、その後の2試合は敗れ、2-3で近大に敗北。開幕連敗となった。次戦は27日(木)、同大会の第3戦(対同大)が大阪市中央体育館にて行われる。
 
本日の結果
S1山下 ★1-2
S2北里 ☆2-1
D1竹内・江川 ☆2-1
D2池田(法4)・石川 (文3)★0-2
S3中原(商3)★1-2
 
試合後のコメント
堀正伸副将(人4)「確実に勝つためにオーダーを考え直したが、第2ダブルスが負けてしまった。第1ダブルスが勝ったことで気の緩みがあったかもしれない。選手にまだ一歩足りない部分が見えたので、今日の敗戦をチーム全員で見直し、勝つしかないあと3戦に向け、いい雰囲気に持っていきたい」

このページの先頭へ