20170427%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・第3シングルスで勝利を収めた蘭>

 4月27日、大阪市中央体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第3戦(対立命大)が行われた。第1シングルスの重信(人3)、第2シングルスの上田(文2)が続けて敗北。続く宇都宮(社4)・重信ペアが粘りを見せ2-1で勝利するも、第2ダブルスの佐々木(人2)・結城(法2)が敗れ、この時点で負けが確定。第3シングルスの蘭(社3)が勝利を挙げ一矢報いるも2-3で今季初黒星を喫した。次戦は29日(土)、龍谷大学体育館にて同大会第4戦(対龍大)が行われる。

本日の結果
S1 重信 ★1-2
S2 上田 ★0-2
D1 重信・宇都宮 ☆2ー1
D2 佐々木・結城 ★1-2
S3 蘭 ☆2ー0

試合後のコメント
女子リーダー宇都宮茉佑「立命大とはいつも接戦のゲームが多い。力の差はあまりないが、勝負どころでの1本が相手の方が上だった。ただ、第3シングルスの蘭が勝ってくれたのは良かったし、次につながると思う。あと2戦、部員1人1人がそれぞれの役割を再認識して、今季掲げている全員で勝つという目標を達成したい」

このページの先頭へ