20170427%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・第2シングルスで敗れ、肩を落とす吾野>

4月27日、大阪市中央体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ第3戦(対同大)が行われた。第1シングルスの北里(総3)が白星を挙げ先陣を切ったが、続く吾野(商4)が惜敗。第1ダブルスの池田(法4)・石川(文3)ペアが2-0で勝利し再びリードするも、その後は連敗。2-3で開幕戦から3連敗となった。次戦は27日(土)、龍谷大学体育館にて同大会第4戦(対京産大)が行われる。

本日の結果
S1北里 ☆2-0
S2吾野 ★1-2
D1池田・石川 ☆2-1
D2吾野・山下(人3)★0-2
S3中原(商3)★0-2

試合後のコメント
今季初出場の吾野文人主将(商4)「この3戦はすべて負けるべくして負けたわけではない。点数もうまくかみ合ってなくて紙一重の部分が多い。3敗してしまったけれど、これが春リーグでまだよかった。残り2戦は西日本にもつなげれるように1人1人が自分の役割を果たして勝ちたい」

このページの先頭へ