20170429%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・第3シングルスで勝利し、ガッツポーズする吾野>
 
 4月29日、龍谷大学体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ第4戦(対京産大)が行われた。今大会負けなしの北里(総3)が第1シングルスで勝利。続く中原(商3)が惜敗するも、第1ダブルスの池田(法4)・石川(文3)ペアが2-1で勝利し再びリードした。第2ダブルスが敗れ2-2とされるが、第3シングルスの吾野(商4)が最後はストレートで勝ち切り、3-2で今季初白星となった。次戦はあす、龍谷大学体育館にて同大会第5戦(対龍大)が行われる。
 
本日の結果
S1北里 ☆2-0
S2中原 ★1-2
D1池田・石川 ☆2-1
D2竹内(経3)・江川(法3)★0-2
S3吾野☆2-0
 
試合後のコメント
第3シングルスで勝利を収めた吾野文人主将「きょうはみんなの勝利だったと思う。前の3試合も紙一重の部分が多かったし、練習でやってきた通り、みんなの実力は出せていた。それでも負けるということは練習から見つめ直していかないといけない。でも、まだあと1試合残っている。あすが勝負どころだと思うから、チーム全員がすべての力を出し切って、最後は勝って終わりたい」

このページの先頭へ