20170429%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・得点を決めガッツポーズの重信>

 4月29日、龍谷大学体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第4戦(対龍大)が行われた。第1シングルスで上田(文2)が粘りを見せるも惜敗。続く第2シングルス、第1ダブルス、第2ダブルスも相手の攻めの姿勢を崩すことができず、敗北した。第1ダブルスの重信(人3)・宇都宮(社4)組は昨年の春季リーグ戦ぶりの団体戦敗北となったが、第3シングルスでは重信がスピードのあるプレーで快勝。関学は1-4で敗れるも、次戦に向け選手の気持ちは高まる結果となった。次戦はあす、同大会の第5戦(対同大)が龍谷大学体育館にて行われる。

本日の結果
S1 上田 ★0-2
S2 蘭(社3) ★0-2
D1 重信・宇都宮組 ★1-2
D2 佐々木(人2)・結城(法2)組★0-2
S3 重信 ☆2ー0

試合後のコメント
女子リーダー宇都宮茉佑「強豪大を相手に、攻めるバドミントンをしようと意識していたが、心の余裕で負けていた。守りばかりに入ってしまい、点を決められるところで決め切れなかった。しかし重信が第3シングルスを取ってくれて雰囲気はいい状態で終われたので、あすストレート勝ちし、3位に食い込みたい」

このページの先頭へ