20170527%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・正確なショットを放つ上田>
 
 5月27日、関西学院大学体育館にて第40回総合関関戦前哨戦が行われた。関学は男子、女子ともに5勝0敗で関大に完勝した。男女とも、万全のメンバーではない中での対戦となったが、圧倒的な強さを見せつけ、ストレート勝ちを収めた。この勝利は6月に行われる関西選手権へ向け、最高の結果となった。
 
[本日の試合結果]
・男子
S1中原(商3)☆2-0
S2戸内(人1)☆2-0
D1弓長(経4)・鍵谷(人2)☆2-1
D2北里(総3)・川波(社1)☆2-0
S3福原(社2)☆2-0
・女子
S1重信(人3)☆2-1
S2上田(文2)☆2-1
D1結城(法2)・佐々木(人2)☆2-0
D2岩崎(教3)・村田(経1)☆2-1
S3蘭(社3)☆2-0
 
試合後のコメント
第2ダブルスで出場の弓長「緊張感がなくて、出だしがあまり良くなかった。守り方も雑で、自分たちのプレーに持っていけなかった。でも、3月に組んだダブルスにしてはお互いの長所を生かし合えていて、波長が合っていると思う。次戦の関西選手権ではベスト8を目指し、結果にこだわっていきたい」
第2シングルスで勝利を収めた上田「主将不在の中での試合だったから、自分が絶対に勝ってやろうと思って試合に臨んだ。第1セットは攻め込まれる展開になってしまったが、2セット目からは自分から攻めることができた。でも、まだまだ課題もあるし、メンタル的な部分で成長していかないといけない。(関西選手権に向けて)あまり時間はないけれど、とにかく自分のプレーをして攻める気持ちを出して戦っていきたいと思う」

このページの先頭へ