20170911%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・第1シングルスで勝利し、両手を突きあげる北里>

 9月11日、大阪市中央体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第1戦(対立命大)が行われた。第1シングルスの北里(総3)、第2シングルスの中原(商3)が続けて勝利。続く池田(法4)・石川(文3)ペアも圧倒的な強さで勝利を収めた。第2ダブルスの江川(法3)・竹内(経3)ペアが1-2で敗れるも、第3シングルスの戸内(人1)が勝利を挙げ、4-1で開幕戦白星発進となった。
 次戦はあす、龍谷大学体育館にて同大会第2戦(対龍大)が行われる。
 
本日の結果
S1 北里 ☆2-1
S2 中原 ☆2-0
D1 池田・石川 ☆2ー0
D2 竹内・江川 ★1-2
S3 戸内 ☆2ー0
 
試合後のコメント
吾野文人主将(商4)「西日本インカレが終わってから時間がなかった中、シングルスの北里と中原がしっかり踏ん張って勝ってくれてとてもチームの流れが良かった。戸内もしっかり勝ってくれてシングルスの層も厚くなったと思う。インカレ前の最後の試合だからリーグ戦で優勝して勢いをつけたい」

このページの先頭へ