20170912%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・第2ダブルスで勝利を挙げた池田(右)・石川ペア>

 9月12日、龍谷大学体育館にて平成29年度関西学生バドミントン春季リーグ戦第2戦(対龍大)が行われた。第1シングルスの北里(総3)が2-0のストレート勝ち。第2シングルスの中原(商3)、第1ダブルスの江川(法3)・竹内(経3)ペアは善戦するも、惜しくも敗れた。第2ダブルスの池田(法4)・石川(文3)ペアがが第1セットを奪われるが、逆転勝利。最後は第3シングルスの吾野(商4)が激闘を繰り広げるも敗れ、ゲームカウント2-3で龍大に敗れた。
 次戦はあす、龍谷大学体育館にて同大会第3戦(対大経大)が行われる。
 
本日の結果
S1 北里 ☆2-0
S2 中原 ☆1-2
D1 竹内・江川 ★0-2
D2 池田・石川 ☆2-1
S3 吾野★0-2
 
試合後のコメント
吾野文人主将「いつも惜しい試合をするが、大きな差を感じさせられる。しかし、成長している選手を見ることができてうれしく思う。あすからは気持ちを切り替えて、最後まで力を出し切ることを前提にしっかり勝っていきたいと思う」

このページの先頭へ