_DSC1955%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg _DSC1146%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・左:完投した中内 右:2回、最初の安打を放つ中島> 

 5月5日、阪神甲子園球場にて平成26年度関西学生野球連盟春季リーグ戦(対関大1回戦)が行われた。関学は7ー1で快勝した。
 2回、中島(商4)の中前安打で2死一、二塁の好機を作ると、中内(国2)が適時二塁打を放ち、2ー0と関学は先制した。さらに5回には濱元(経4)の安打、徳田(社4)、中島の連続適時二塁打などでこの回3点を追加。5ー0と関学打線は爆発した。また9回に中島の適時打でさらに1点を追加するなどし、7ー1と関大に勝利した。一方、関大打線は8回に先発の中内が2死一、二塁から適時打を許し1点を返されるも、安定した投球で完投した。
 2回戦は明日6日、13時より阪神甲子園球場にて行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 2 0 0 3 0 0 1 1 7
関大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

【関学】 ○中内(3勝1敗)―仲川(商2)
【関大】 ●石田(3勝4敗)、江口、水師―久米、響
[二塁打] 関学:中内、徳田、中島  関大:柿山

試合後のコメント
竹内監督「今日も中内がよく抑えてくれた。安心して任せられるようになった。優勝のために明日も頑張って勝ってほしい」
主将中島一夢「気分が良くなる勝ち方だった。7点を取れたことは大満足。中内もよく頑張ってくれた。すごい2年生が現れたと思う。優勝のために明日も全力で戦って勝ちたい」
完投した中内洸太「天候のことは相手も同じ条件なのであまり気にならなかった。完封は少し考えたがチームとして、勝利を挙げることが何よりも大事なのであまり気にしていない。宇都宮さん(経3)が戻ってくるまで自分の役割を果たしたい」

このページの先頭へ