20140506baseball.jpg


 5月6日、阪神甲子園球場にて平成26年度関西学生野球連盟春季リーグ戦(対関大2回戦)が行われた。関学は延長15回の末、0ー1と敗北した。
 白熱した投手戦となった。先発の佐藤(社2)が好投を見せ無失点に抑えるも、試合は延長戦に突入した。13回で投手は佐藤から中内(国2)に交代。両者好機をものにできずにいたが、15回に関学は1死二、三塁の危機を迎える。中内が適時打を許し、1点を先制される。関学は打線をつなげることができず、0ー1と敗れた。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
関大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】 佐藤、●中内(3勝2敗)―仲川
【関大】 畑瀬、石田―久米、響
[三塁打] 関大:青木拓
[二塁打] 関学:仲川 関大:柿山

試合後のコメント
竹内監督「投手の佐藤と中内はどちらも頑張ってくれた。先頭打者を許してしまったのがダメだった。明日は総力戦。頑張ってほしい」
主将中島一夢(商4)「優勝のためには明日の3回戦、近大戦の3戦とも絶対に落とせない。打線が点になってしまっていて、つながらなかったことが残念。明日は何としてでも勝つ」
先発した佐藤大誠「9回までは納得のいくピッチングだった。打たれても野手たちが守ってくれると信頼していた。勝ちにつなげられなかったことが残念」
捕手の仲川晃生(商2)「昨日はリーグ戦初スタメンで緊張していたが、今日はよい緊張感を持つことができた。気持ちを切り替えて明日も投手を引っ張っていきたい」

このページの先頭へ