20140917baseball.jpg
<写真・試合終了後、肩を落としてベンチに戻る選手たち>

 9月17日、阪神甲子園球場にて平成26年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦(対関大3回戦)が行われた。関学は2―9で関大に敗れ、勝ち点を譲ることとなった。
 4回、2死満塁の危機を招くと、そこから適時打を許し関大に2点を献上。関学は継投策に出るも続く5回には4点、6回には2点、8回にも駄目押しの1点を許しその差を突き放された。関学の反撃も6回の2点のみに終わり、2―9と大敗を喫した。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
関大 0 0 0 2 4 2 0 1 × 9

【関学】 ●後藤田(経2、2勝1敗)、中内(国2)、佐藤(社2)、田村(商4)―松下(経2)、仲川(商2)
【関大】 ○石田(2勝1敗)―久米
[三塁打] 関大:藤嶋、石田
[二塁打] 関学:中島

試合後のコメント
竹内監督「残念な試合だった。投手陣は守り切れなかったし打つ方も決め切れなかった。痛い一敗だが、まだチャンスはある。そのチャンスをものにしたい」
主将中島一夢(商4)「完敗だった。普段は感じていなかったが、今日だけは完全に関大に力負けしていた。この負けでしんどくなったのは事実。まだ3節あるので、連勝を狙って勝ち点は全部取りにいきたい」

このページの先頭へ