20140921%E7%A1%AC%E9%87%8E.jpg
<写真・立命大打線を完封した後藤田>

 9月21日、滋賀県皇子山球場にて平成26年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦(第4節2回戦)が行われ、関学は立命大に1―0で完封勝利を収めた。この結果、関学は勝ち点を2に伸ばし、リーグ2位に浮上した。
 関学は少ない好機をものにした。立命大投手陣に5安打14奪三振に抑えられた関学打線。それでも4回、2死二塁の好機を作ると、5番増田(社4)が左翼手前に落ちる適時打を放ち、これが決勝点となった。投げては先発投手後藤田(経2)が得点圏に走者を何度も背負ったが、丁寧にコーナーに投げ分け立命大にホームを踏ませなかった。また捕手松下(経2)が相手の盗塁を2度刺すなどバックにも助けられた後藤田は9回103球を無四球で投げ切り、今季3勝目を自身初の完封勝利で飾った。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
立命大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】○後藤田(3勝1敗)―松下
【立命大】●西川大(2勝1敗)、東―小川
[三塁打]立命大:古川敬

試合後のコメント
竹内利行監督「今日は後藤田に尽きる。制球良く投げたことで相手打線に的を絞らせていなかった。春も活躍し、秋もすでに2勝していることが自信につながっていると思う。打線は抑えられたが、ワンチャンスをものにしてくれた。残り試合全て勝てるようこれからも頑張りたい」
主将中島一夢(商4)「今日の勝利は本当に大きい。チームの雰囲気も今までで一番良かった。後藤田は制球が良く、崩れることはないので安心していた。これからも自分たちのできることをしっかりやり、4連勝を目指したい」
(4回に決勝打を放った)増田圭汰「どんな形でも走者を返したいと思っていた。あまり多くはチャンスを作れないと思っていたので、少ないチャンスをものにできてよかった。今日のような試合を続けて、秋季リーグ戦3連覇を果たしたい」
(自身初の完封勝利で今季3勝目を挙げた)後藤田崇作「春に目の前で神宮行きを決められた相手だったので、絶対に勝ちたかった。ピンチの時こそ冷静に投げることを心掛けた。初めての完封で、自信につながる」
(好守で後藤田を助けた)松下智拓「後藤田の良さを引き出そうと頑張った。危機を迎えても自分の投球をしようと後藤田に声を掛けた。盗塁を刺せたのは夏場に送球練習を繰り返した成果だと思う。これからもまずは守備でチームに貢献することを心掛け、投手をサポートしていきたい」

140921baseball.jpg

このページの先頭へ