20141007%25E7%25A1%25AC%25E5%25BC%258F%25E9%2587%258E%25E7%2590%2583.jpg
<写真・5回を終え、逆転に向け気合を入れる選手たち>

 10月7日、ほっともっとフィールド神戸にて平成26年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦(第6節2回戦)が行われた。関学は近大に0ー3で敗れ、勝ち点を落とした。この敗戦で、関学のリーグ優勝の可能性は完全に消滅することとなった。
 初回の3点に泣いた。関学の先発後藤田(経2)が立ち上がりから乱れ、関学はいきなり3点を失う。その後2回からは中内(国2)、佐藤(社2)の継投で近大に得点を許すことはなかったが、関学打線も計4安打と完全に抑えられ、完封負けを喫した。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
近大 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】●後藤田(3勝3敗)、中内、佐藤―松下(経2)
【近大】○畠(2勝2敗)、池田―山野
[二塁打]関学:松原 (人3) 近大:内野、畠

試合後のコメント
竹内利行監督「仕方ない。気持ちで負けてしまった。初回の守りから固めていこうと話してはいたが、出鼻をくじかれてしまったし、ヒット4本ではどうしようもなかった。このままで終わるわけにはいかない。京大も(長年最下位の)歴史を塗り替えるため全力で向かってくると思うので、自分たちが悪者になって京大の勢いを止めたい」
主将中島一夢(商4)「力負けだった。近大は強かった。1敗はしていたがチームはいつも通りだったし、雰囲気も悪くなかった。まだ京大戦が残っているので、連勝して引退したい」

141007baseball.jpg

このページの先頭へ