20141011%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83.jpg
<写真・試合後、今リーグ2度目の完封勝利に笑顔を見せた佐藤>

 10月11日、滋賀県皇子山球場にて平成26年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第7節(対京大1回戦)が行われ、関学は京大に1―0で勝利した。
 試合は投手戦となった。関学は先発の佐藤(社2)が京大打線を5回まで3安打に抑えた。だが、一方の関学打線も2安打となかなか打線が奮起しなかった。迎えた6回、2死一、二塁の好機で松原(人3)が適時打を放ち、関学は待望の先制点。これが決勝点となり、1―0でプロ注目投手・田中率いる京大から勝利を挙げた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】○佐藤(3勝)―松下(経2)
【京大】●田中(1勝5敗)―小野
[二塁打] 関学:松下

試合後のコメント
竹内監督「ワンチャンスをものにすることができて良かった。京大は長年最下位の歴史を変えようと勝ち気でいる。関学も負けずに連勝したい」
主将中島一夢(商4)「2アウトからよく松原が打ってくれた。近大戦のあと、4年生が気持ちをしっかり切り替えることができた。明日は京大を圧倒したい」
決勝打を放った松原鴻介「ホッとしている。京大・田中投手の投球は捉えにくくてやりにくかった。明日は4年生との最後の試合になると思うので寂しい気持ちもあるが、きちんと勝利して4年生を送りたい」
今季2度目の完封勝利を挙げた佐藤大誠「この秋リーグは(ほとんど1回戦の先発として)各大学のエースと投げ合ってきて、始めは自分にできるかなという不安しかなかったが、任されたからにはやるしかないと思って投げてきた。いろいろな人の応援もあったし、周りへの感謝の気持ちを再確認できたと思う。春にもまた目標を達成できるよう練習して、より進化した姿を見せたい」

141011baseball.jpg

このページの先頭へ