150412%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・今試合2安打3打点で、決勝打を放った近本>

 4月12日、わかさスタジアム京都にて平成27年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対立命大2回戦)が行われ、関学は逆転勝利を収め立命大との戦績を1勝1敗の五分とした。
 関学は3回、四球と犠打で好機を作ると、2死二塁から近本(法3)が左前へ適時打を放ち、見事先制に成功。3回まで走者を許すも危機を乗り越えていた後藤田だったが、4回に逆転となる2点適時二塁打を許し、関学は苦しい展開となった。しかし7回、先頭の代打・姫野(社1)が右中間へ二塁打を放つと、2番・川崎(文4)にも安打が生まれ2死一、三塁の好機に。すると続く近本が、この日2本目となる起死回生の2点適時三塁打を放ち、見事逆転に成功した。8回からは、けがからの復帰となった宇都宮(経4)が登板。8回を三者凡退に抑えたが、9回2死満塁の危機を作ると、マウンドを佐藤(社3)に託した。後を継いだ佐藤が最後の打者を中飛に打ち取り、試合終了。見事な逆転勝利で、成績を五分に戻した。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
関学 0 0 1 0 0 0 2 0 × 3

【関学】○後藤田、宇都宮、佐藤ー仲川(商3)、松下(経3)
【立命大】西川大、●東ー小林
[二塁打]関学:姫野 立命大:古川、尾松
[三塁打]関学:近本

試合後のコメント
竹内監督「7回に姫野と近本がよく打ってくれた。宇都宮はあまり投げさせないようにしていたが、今日のような投球だと今後は大丈夫だと思う。久々の投球となったが、さすがだなという感じだった。今日はみんなが近本に救われた。明日は早めの回に点を奪って勝負を決めたい」
主将松原鴻介「4回に逆転されたが、それまでもチャンスが続いていたので焦りはなかった。近本は最近調子が良く、思い切りがいいなと思う。宇都宮がマウンドに立っている姿が懐かしく、『おれらで守ってやろうと』とみんなに声をかけた。やっぱりエースだなと思った。ミスしたことを、他の人が取り返すのが自分たちのチーム。みんなでつながって戦わないといけない。明日は立命大も本気で勝ち点を奪いにくる。今日以上に気合を入れて臨みたい」
逆転の2点適時三塁打を放った近本光司「立命大の投手が今日も昨日も同じ球で攻めてきたので、狙い球を絞って打とうと思っていた。前の打者の安打でランナーが生還できず、自分が決めないといけないと思っていた。明日はミスなくやれば勝てると思う。みんなでつないで勝ちたい」
8回に登板し、けがから復帰戦のマウンドとなった宇都宮健太「みんなに迷惑を掛けていた分を取り返そうという気持ちだった。あの場面で投げさせてもらって、感謝の気持ちを込めて投げた。(マウンドを託した佐藤は)抑えてくれると思っていた。これからも任せてもらった場所で、自分の役割を全うしたい」
9回2死満塁の危機で、宇都宮に代わってマウンドに上がった佐藤大誠「初めて足が震えるくらい緊張した。負ける宇都宮さんの姿が見たくなくて、絶対に抑えたかった。明日は絶対に勝つ」

このページの先頭へ