150425%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今試合1安打完封勝利を挙げた佐藤>

 4月25日、大阪市南港中央野球場にて平成27年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節(対京大1回戦)が行われ、関学は佐藤が好投を見せ、9ー0で京大に快勝した。
 関学は4回、2死二塁から初めて4番に座った片山(商1)が中越え三塁打を放ち、先制に成功。終盤には相手の6つの四球もあり、今試合9点を奪った。この日は、先発の佐藤が快投を続けた。三者連続三振を奪い、好調な立ち上がりを見せると、その後も1本の安打も許さない投球。9回1死から、惜しくも初安打を許したものの、その後の危機を切り抜け、今季初勝利。風格漂う投球で、今季最長の9イニングを無失点で投げきった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 1 0 0 0 6 2 9
京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】佐藤ー仲川(商3)
【京大】大山、松本、小林ー奥山
[三塁打]関学:片山、仲川、大倉(経2)

試合後のコメント
竹内監督「打線は序盤のチャンスをものにできず、もったいない展開が続いたが、今日は佐藤がよく投げてくれた。球の出どころが見にくく、最後まで相手打者が的を絞れていなかった。低めのコントロールがいい投手。(唯一の安打は)球が高めにいってしまった。大記録は見てみたいと思う。4番の片山も5番の姫野(社1)も、実力を持った選手。経験を積ませてあげたい」
主将松原鴻介(人4)「佐藤はいつも通りの投球で、気づいたら無安打投球になっていた。打線は序盤うまくいかず、調子が悪い時の打線になっていたが、終盤にはつなぐ打撃ができたことはよかった」
1安打完封勝利を挙げた佐藤大誠「どうせ意識してしまうので、5回が終わったあたりから(記録を)狙ってやるという意識で投げた。試してみたい球も使うことができたのは収穫。最終回にピンチを招いたが、絶対に完封をしたかったので、0点に抑えられてよかった。今日の出来は70点。最後は、自分の持ってなさにびっくりした」

このページの先頭へ