150515%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・悪い流れを断ち切れず、6回3失点で負け投手となった宇都宮>

 5月15日、阪神甲子園球場にて平成27年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第7節(対関大1回戦)が行われ、関学は0ー5で関大に完封負け。先勝を許し、チームは4位に転落した。
 重苦しい立ち上がりとなった。先発の宇都宮(経4)は先頭打者に四球を与えると、暴投で失点。チームに勢いをもたらすことができなかった。その後、5回まで無失点に抑え、立ち直ったかに見えたが、6回。突如投球が乱れ、3連打を浴び2点を失った。3番手・佐藤(社3)も追加点を許し、またもや流れを呼びこめず。反撃したい打線も、関大のエース・石田を前に得点を奪えなかった。2試合連続となる完封負けを喫し、貯金は0に。チームは4位に転落し、突破口を見出せないまま明日の第2戦に挑む。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関大 1 0 0 0 0 2 0 1 1 5
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】宇都宮、重田(総3)、佐藤ー仲川(商3)、松下(経3)
【関大】石田ー久米

試合後のコメント
竹内監督「先発の宇都宮は先頭打者に四球を与えて、暴投で失点。エースがあの投球ではダメ。打線も2試合連続無得点で、優勝の可能性が消えた途端、気力のない野球をしている。明日勝てなければ関学はその程度だということ。このままのようでは、関学は永遠にBクラスだと思う」

このページの先頭へ