20150604%25E7%25A1%25AC%25E5%25BC%258F%25E9%2587%258E%25E7%2590%2583%25EF%25BC%2591.JPG
<写真・今試合、2本の二塁打で活躍した森中>

 6月4日、大阪府豊中ローズ球場にて平成27年度関西学生野球連盟春季新人戦準決勝(対近大)が行われた。最終回に追いつかれ、試合は引き分けに終わったが、抽選の結果関学が決勝進出を決めた。決勝戦は本日の14時より同球場で行われる。
 初回、先発の朝倉(商2)が2本の適時打で先制を許したが、4回に大倉(経2)の本塁打と赤川(法1)の適時二塁打で同点に追いついた。その後の4回、5回とそれぞれ1点ずつ追加点を許すも、6回に赤川の適時三塁打などで再び同点に。7回には片濱(商2)の適時二塁打などで2点のリードを奪った。9回に長谷(商2)が2点を失い、試合は引き分けに終わったが、抽選の末見事勝利。決勝戦へ駒を進めた。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 2 0 2 2 0 0 6
近大 2 0 0 1 1 0 0 0 2 6

【関学】朝倉、香川(人2)、長谷ー浅尾(法2)
【近大】横山、和田、巽、中川ー西
[本塁打]大倉(関)
[三塁打]赤川(関)
[二塁打]森中(文2)2、赤川、杉本(文2)、片濱(関)、西(近)

試合後のコメント
主将を務める大倉卓也「初回に先制されたが、1点ずつ返していこうという気持ちが得点につながった。みんなが自分のスイングをできているので、強い当たりが出てヒットが多く生まれている。日頃の行いがいいから抽選で勝てたかなと思う。決勝戦は立命大が相手になりそうだが、いい投手がいてチャンスは少なくなる。自分たちのスイングで、チャンスをものにして勝ちたいと思う」

このページの先頭へ