150604%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・優勝が連盟預かりになり、苦笑いを浮かべる大倉 主将として今大会チームを引っ張った>

 6月4日、大阪府豊中ローズ球場にて平成27年度関西学生野球連盟春季新人戦決勝(対立命大)が行われた。6回を終えた時点で試合は終了。1ー4とスコア上では敗れるも、大会規定により優勝は連盟預かりとなった。
 2回、仙田(人2)の適時犠打安打で先制点を奪った。しかし、4回に先発の神野(商1)が3連打などで4失点と逆転を許す。松本龍(社2)と香川(人2)がその後を無失点に抑え、打線の反撃を待つも、時間切れで試合終了。大会規定により、優勝は連盟預かりとなった。

  1 2 3 4 5 6
関学 0 1 0 0 0 0 1
立命大 0 0 0 4 0 0 4

【関学】神野、松本龍、香川ー浅尾(法2)
【立命大】黒田、大村竜ー佐野
[二塁打]福森(立)

試合後のコメント
主将を務める大倉卓也「試合には敗れなかったが、内容的には力負けだった。走者を出した後に四球を与えたり、エラーが重なったところは今後克服しないといけないと思う。でも、今大会で個人が積極的に振れたところは伸ばしていきたい。キャプテンを任されて、自分が引っ張らないといけないと思ってプレーをしてきた。春に勝てなかったのは自分が打てなかったからだと思う。秋はここ一番で打つ。チームが優勝できれば、それでいい」
今大会全試合で4番に座り、11打数5安打、4二塁打と存在感を示した森中健太(文2)「まっすぐを1球で仕留めることができたのが、結果が生まれた要因。監督から今大会の4番を任せると言ってもらっていたので、絶対に結果を出したかった。去年1年間実戦経験がほとんどなく、試合に出たくてうずうずしていた。リーグ戦での1年生の活躍や、同じポジションの見乗(法4)さんがベストナインを獲ったのをみていて、なにくそという気持ちだった。自分の取り柄である打撃でどんどんアピールしていき、レベルが違うリーグ戦の投手の球を、1球で仕留められるようにしたい」

このページの先頭へ