150912%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・決勝打を放ち、塁上で笑顔を見せる織田>

 9月12日、滋賀県皇子山球場にて平成27年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第2節(対京大1回戦)が行われた。関学は織田の適時打で勝ち越し、京大に2ー1で勝利。開幕戦を白星で飾った。
 7回まで7安打を放ちながらホームが遠かった関学は8回。主将松原(人4)が、リーグ戦初となる右越え本塁打を放ち先制に成功した。しかし、直後に中内(国3)が暴投を与え、試合は振り出しに。だが、9回だった。2死二塁の好機で、織田(法4)が右前へ決勝の適時打。開幕戦の硬さが見られたものの、見事白星スタートを切った。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
京大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

【関学】佐藤(社3)、○中内―仲川(商3)、福田(理3)
【京大】大山、●小林ー奥山
[本塁打]関学:松原
[二塁打]京大:森本

試合後のコメント
竹内監督「今日はフライアウトが多く、相手の投手陣の術中にはまってしまった。本塁打を除いて安打9本で1点はよくない。最後にツキがあって勝つことができた」
主将松原鴻介「本塁打は紅白戦でしかなかった。真芯で打てたが、まさか入るとは。今日は自分たちの悪い部分であるズルズルいってしまうところが出てしまっていたので、何とかしないと思っていた。秋はこういう試合が多くなると思う。明日も1点を守りきって全員野球で戦いたい」
決勝打を放った織田大輝「今日はずっとチャンスを潰していたので、何としても打ちたかった。それまで走者を返せなかったが、ベンチからの声もあって吹っ切れて打つことができた。明日を落としたら今日の勝ちが意味のないものになる。明日も全員で関学らしい野球をしたい」
先発で6回無失点の佐藤大誠「今日は慎重になりすぎて四球が多くなってしまったが、丁寧に投げることができた。夏のオープン戦で先発として投げて、ほとんど安打を打たれなかったので、先発に対していいイメージを持って投げることができた」

このページの先頭へ