150926%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・一矢報いる適時打を放った見乗> 

 9月26日、ほっともっとフィールド神戸にて平成27年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対立命大1回戦)が行われた。春の王者立命大に挑むも、1ー4で惨敗。今季初黒星を喫した。
 初回につかまった。先発の後藤田(経3)が4安打を浴び、2失点。3回にも1点を奪われ、2回3分の0を投げ3失点と先発の役割を果たせなかった。その後4人の投手が1失点に抑えるも、打線は劣勢をはね返せず。5回に見乗(法4)の適時打で1点を返すも、今試合5安打に封じられた。関学はこれで初黒星。あす13時より、同球場で第2戦が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 2 0 1 0 1 0 0 0 0 4
関学 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

【関学】●後藤田、重田(総3)、長谷(商2)、宇都宮(経4)、中内(国3)―仲川(商3)、福田(理3)
【立命大】︎○桜井ー小林
[二塁打]立命大:池内、桜井、辰己、小林

試合後のコメント
竹内監督「最初に投手陣がつかまってしまった。後藤田はきょうは球が高かったと思う。速い球に押され、ボール球に手を出してしまい、相手の桜井投手の術中にはまってしまった。明日は勝てるように頑張ります」
主将松原鴻介「桜井投手の様子見をしてしまって、積極的な入りができなかった。だが、チームは目立ったミスはなく、4番として自分が役割を果たせなかったのが敗因だと思う。あすは積極的な姿勢できょうの気持ちを切り替えていきたい」
一矢報いる適時打を放った見乗健人「回ってきたチャンスで結果を残すのが今シーズンの課題だった。前節安打は出なかったが、チームが勝ったのでよかったと思っている。そういう点では、きょうの適時打は満足できない。2勝して勝ち点を取らないといけないので、明日勝つことに集中していきたい」

このページの先頭へ