20151004%25E7%25A1%25AC%25E5%25BC%258F%25E9%2587%258E%25E7%2590%2583%25E9%2583%25A8%25E3%2580%2580%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・試合に敗れ、うつむく主将松原>

 10月4日、大阪市南港中央野球場にて平成27年度関西学生野球連盟第5節(対近大1回戦)が行われた。関学は先制するも、失策絡みで3点を奪われ、1ー3で逆転負け。近大に先勝を許した。
 関学は初回、片山(商1)の内野ゴロの間に先制。しかし、先発宇都宮(経4)の制球が定まらない。2回、2つの四球と失策で塁を埋められると、押し出し四球で同点に。さらには2点適時打を浴び、この回3点を与えた。反撃したい打線だったが、この日もつながらず。得点は初回の1点のみで、わずか4安打に抑えられた。背水の2回戦は明日、13時より同球場にて行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
近大 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
関学 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
【関学】●宇都宮、後藤田(経3)、長谷(商2)ー福田(理3)、仲川(商3) 【近大】○畠ー山野 [二塁打]関学:松原(人4) 近大:小深田

試合後のコメント
竹内監督「ノーヒットで先制できたが、失策もあって勝てる試合を落としてしまった。打線はなかなか安打が出ない。自分の役割を意識しないと。意図のない野球ではダメ。宇都宮には悪い時は悪いなりの投球をして欲しかった。甘い部分が多いが、それはまだ可能性のあるということ。反省してこれからに生かして欲しい。明日は選手たちが意地を見せてくれると思う。まだチャンスはある」
主将松原鴻介「崖っぷちで、勝ちにいくというより粘って粘って、その中で楽しんでプレーしようと言っていた。でも、今日も守りきれず、投手のミスをカバーすることはできなかった。自分の気持ちを表に出してプレーする選手が少ないことが問題。勝ち負けよりも、全員で気持ちをむき出しにして戦っていきたい」

このページの先頭へ