151014%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・この日2本目の適時打で試合を決めた片山>

 10月14日、大阪市南港中央野球場にて平成27年度関西学生野球連盟第6節(対同大1回戦)が行われた。延長戦にもつれこんだ試合は、12回片山(商1)の適時二塁打で終止符。同大から先勝を奪った。
 先手を打ったのは関学だった。3回、先頭近本(法3)が左越え二塁打で出塁すると、織田(法4)が初球を犠打。続く片山(商1)が中前へ運び、先制に成功した。しかし、4回まで1安打に抑えていた先発の中内(国3)が5回に1点を失うと、互いに均衡を破れず試合は延長戦へ。延長戦でもお互い点を奪えず、迎えた延長12回。1死一塁の好機から片山がこの日2本目となる左中間適時二塁打を放ち、これが決勝点に。12回を1失点に抑えた4人の継投策も実り、同じく勝ち点1で並ぶ同大を相手から先勝を奪った。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
関学 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
同大 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

【関学】中内、長谷(商2)、重田(総3)、後藤田(経3)ー仲川(商3)
【近大】福島、平尾拓ー川端
[二塁打]関学:近本、片山
同大:佐藤晃、川端

試合後のコメント
竹内監督「Aクラス入りに向けて負けられない戦い中勝てた。近本と片山がよく頑張ってくれたと思う。投手も悪いなりに1点で抑えてくれた。声を出す選手も多く、選手たちはよく頑張ってくれた。何としても明日勝利したい」
主将松原鴻介(人4)「今日は投手陣を中心に試合を運ぶことができた。(決勝打を放った片山について)最近調子がいい。チャンスでも打てるようになって頼もしくなってきた。明日もきっちり勝って、連勝しないといけない」
決勝打を含む4安打2打点の片山翔太「延長に入っていたので、自分が決める気持ちだった。今まであまりチャンスで打てていなかったので、打ててうれしい。今日はこんなに打てるとは思っていなかった。最後の試合までこの調子を維持したい」
この日3安打の近本光司「リーグ戦序盤は安打が出なかったが、たまたま出なかっただけ。調子は普通で、1番の役割を果たすことを意識してこれまでやってきた」

このページの先頭へ