20151015%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・3回途中で5失点と精彩を欠いた佐藤>

 10月15日、大阪市南港中央野球場にて平成27年度関西学生野球連盟第6節(対同大2回戦)が行われた。連勝で勝ち点奪取を狙った関学だったが、先発の佐藤(社3)が崩れ、打線も無得点と沈黙。勝ち点の行方はあすの第3戦に持ち越された。
 先発の佐藤が突如崩れた。3回まで1安打に抑え、快投を続けていたが、4回だった。3本の長短打を浴び降板すると、続く重田(総3)も流れを断ち切れず、この回5失点。援護したい打線も、8安打を放ちながら無得点に終わり、今季初の完封負け。この日の敗戦でAクラス入りの可能性も消滅した。あすの12時から同球場で行われる3回戦で、4位を死守する。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
同大 0 0 0 5 0 0 0 0 0 5
関学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】佐藤、重田、長谷(商2)、宇都宮(経4)ー仲川(商3)、福田(理3)
【近大】平尾奎ー川端
[三塁打]同大:大西
[二塁打]同大:川端

試合後のコメント
竹内監督「打線はフライばかりで迫力がなかった。先発の佐藤は春と同じく、一度打たれると歯止めが効かなくなっている。いい投手になるためには、乗り越えないといけない。きょうは向こうの意地に負けてしまったと思う。もう4位か5位しかない。あすは背水の陣で挑む」
主将松原鴻介(人4)「投手が守り切れず、打線もつなぐことができない最低な試合をしてしまった。こういう試合をやめようと言っていたのに、同じことをしてしまって悔しい。5位は絶対に避けないといけない。明日は確実に勝ちたい」
途中出場ながら、2安打と気を吐いた福田融司「せっかく転がり込んできたチャンス。出るからには何か残してやろうと思っていた。今までは打ててなかったので焦りもあったが、今日2本出てほっとした。自分の強みは肩だが、レギュラー奪取には打力が必要。打つことに関してはもっと努力したい」

このページの先頭へ