160404%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、うつむきながらベンチへ引き上げる主将岡山>

 4月4日、わかさスタジアム京都にて平成28年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第1節(対立命大3回戦)が行われた。先制を許した関学は1点差まで追い上げるも、最後まで追いつくことはできず。春秋王者の立命大に今季初の勝ち点を落とした。
 今季初登板初先発の佐藤(社4)は3回に適時打と失策で2点を先制される。5回から登板している中内(国4)も2本の適時打を浴び、立命打線の勢いを止めることはできなかった。攻撃陣は3回の暴投による得点や7回の片山(商2)の2点適時二塁打などで1点差まで追い上げたが、あと一本が出ず今季初めて勝ち点を落としてしまった。
次戦は4月9日、ほっともっとフィールド神戸にて近大戦が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3
立命大 0 0 2 0 0 0 2 0 × 4

【関学】●佐藤、朝倉(商3)、中内―仲川(商4)
【立命大】佐治、○黒田、山上―佐野
[三塁打]立命大:早田
[二塁打]関学:片山

試合後のコメント
竹内監督「善戦はした。(春秋王者の立命大に対し)力の差は感じなかったが、ここ1番で打てるか、守れるかというところでは差があった。負けたものの、選手たちはある程度はいけると手応えをつかんだはず。今年は混戦になると思うので、取りこぼしのないよう戦っていきたい。次戦の近大には絶対に勝ちたい」
主将岡山士朗(商4)「力を出し切ったけど負けてしまった。勝ちへの執念では負けているつもりはないが、あったとすればそれは力の差かもしれない。今日は負けたけど、まだ1節目。半年間やってきた取り組みを、神様が見てくれていると信じている。しんどい状況だが、神様が試練をもたらしてくれていると思って上を向いていきたい」
3連戦に3連投した中内洸太「(3番手で登板し、5回2失点という内容に対して)自分のせいで負けた。連投は関係なく、マウンドに上がったら勝つしかない。抑えられなくて申し訳ない。次に勝ち点を落としたら優勝はなくなる。勝てれば何でもいいので、何としてでも勝ちたい」
今シーズン初登板初先発の佐藤大誠「負けられない戦いだったので、200人の思いを背負って投げた。真っすぐは走っていたし、変化球も低めに集まったが (適時打は)飛んだところが悪かった。運がなかったという感じ。次回以降、機会があるなら勝利に導く投球をしたい」

このページの先頭へ