20160409%E3%80%80%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・リーグ戦初本塁打を放った大倉>

 4月9日、ほっともっとフィールド神戸にて平成28年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対近大1回戦)が行われた。大倉(経3)の先制本塁打を含む2打点の活躍や先発中内洸(国4)の7回無失点の好投など、投打がかみ合い4ー0で近大から先勝を挙げた。
 初回、1死から2番大倉(経3)のリーグ戦初本塁打で先制すると、7回にも大倉の適時打と姫野(社2)の2点適時打で追加点を挙げた。投げては前節3連投の中内洸が、4度の得点圏を無失点に抑える粘りの投球。後を継いだ2番手朝倉(商3)も8、9回を無失点に抑え、完封リレーで試合を締めた。
 あす13時より同球場にて第2戦が行われ、今季初の勝ち点奪取を目指す。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 1 0 0 0 0 0 3 0 × 4
近大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【関学】○中内洸、朝倉ー仲川(商4)
【近大】●畠、倉田、伊波ー川上
[二塁打]近大:畠

試合後のコメント
竹内監督「中内が気合の入った投球で頑張ってくれた。打線は狙い球を絞ることができ、よく連打でつないでくれたと思う。(本塁打を放った)大倉は練習から調子が良かったが、まさかあんな当たりが出るとは。近大に負ければ優勝のチャンスはないので、明日頑張って勝ち点を取りたい」
主将岡山士朗(商4)「我慢の展開が続いたが、攻守共によくチャンスをものにできたと思う。応援の力もあり、みんなで粘り勝つことができた。スタンドからの応援は本当に勇気が出た。エースの畠投手をマウンドから引きずり下ろすことができたし、関学に勢いがある。今日以上のパフォーマンス、応援で、地に足つけて勝ち点を奪いたい」
先制の本塁打を含む3打数3安打2打点の大倉卓也「追い込まれていたので、ランナーに出ないとという思いだった。余裕を持って打つことができたと思う。今季はとにかくチームの勝利しか考えていない。2番打者として何ができるか考え、目標の日本一に少しでも貢献できるようにしたい」
7回1失点で今季初勝利を挙げた中内洸太「我慢して投げることができた。まっすぐを生かしながら、ピンチにも冷静に投げることができたと思う。三振はあまりなかったし、みんながしっかりと守ってくれたおかげ。(次戦について)行けと言われればいつでも投げる。チームのために投げたい」
今季初の適時打を放った姫野大成「うれしかったが、その前の2打席で三振をしてしまったので、チームに申し訳ない気持ちだった。調子は悪くないが、相手に研究されているので、課題を克服していかないと。神宮に行きたいので、明日もチームのためにプレーしていきたい」

このページの先頭へ