160410%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・9回、赤川(右)が江川の適時打で帰塁できず試合終了となった>
 
 4月10日、ほっともっとフィールド神戸にて平成28年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対近大2回戦)が行われた。最終回に1点差まで迫ったが、逆転負けで通算成績はタイとなった。
 初回、2死一、二塁の好機から小越(教2)が走者一掃の2点適時三塁打を放ち、先制に成功した。5回まで1失点と粘投を続けた先発の山口(社3)だったが、6回にピンチを招き降板。2番手の朝倉(商3)が流れを断ち切れず、併殺崩れの間に逆転を許した。7回には佐藤(社4)が2点を失い、リードを3点差に広げられる。だが、9回2死二、三塁の好機から赤川(法2)、江川(商4)の連続適時打。三塁走者赤川が三本間に挟まれあと一歩及ばなかったが、終盤に自力を見せつけた。
 第3戦はあす12時より同球場にて行われる。
 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 2 0 0 0 0 0 0 0 2 4
近大 0 0 1 0 0 2 2 0 × 5

【関学】●山口、朝倉、佐藤、後藤田(経4)ー仲川(商4)
【近大】○横山ー川上
[三塁打]関学:小越
[二塁打]関学:小田原(人4)
近大:安井、谷川

試合後のコメント 
竹内監督「最終回の攻撃はよく頑張ってくれた。明日は両チームともエース対決となると思うが、負ければ優勝はない。選手たちには必死のプレーで意地を見せてもらいたい」
主将岡山士朗(商4)「最後の攻撃は力のあるチームにしかできない戦い方だと思う。試合をひっくり返す力は持っている。この悔しい気持ちを明日にぶつけて、この負けを帳消しにしたい」
9回、1点差に迫る適時打を放った江川遼治「4年間の初打席で、いつでもいける準備はしていた。スタンドの4年生の応援もあって打つことができたと思う。チームが勝つために明日も泥臭くプレーしていきたい」
先制の2点適時三塁打を放った小越健太郎「先制点が大事だと思っていたので、絶対にタイムリーを打ちたかった。(今季からスタメン出場が続くが)昨日は緊張していたが、今日はちょっと余裕を持って試合に臨めた。明日もチームに貢献して、チャンスで後ろにつないでいきたい」

このページの先頭へ