20160625%20%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E3%80%80%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・5リーグ対抗戦に出場する(後列左から)片山、中内、仲川、小越、大倉、姫野>

 6月25日、わかさスタジアム京都にて第23回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦(準決勝・対関西六大学野球連盟)が行われた。関学からは中内(国4)投手、仲川(商4)捕手、大倉(経3)二塁手、姫野(社2)三塁手、片山(商2)外野手、小越(教2)外野手がメンバー入り。連覇中の関西学生野球連盟は、4回と6回に奪った点を完封リレーで守り、2ー0で決勝進出を決めた。
 先発でグラウンドに立つ9人が春季リーグ戦1位、2位の立命大と同大の選手となったが、片山が「8番・指名打者」で出場。2打数無安打も、2四球で出塁し、得点を記録した。唯一投手で選出された中内は6回から2番手で登板。7回には2安打を浴びるも、味方の好守に助け られ、無失点で切り抜けた。8回には代打で小越が出場。投ゴロに倒れたが、オールスターの舞台を初めて踏んだ。    
 27日(月)の10時より同球場にて決勝戦が行われ、3連覇を果たし、秋の神宮出場へのスーパーシード獲得を狙う。

【関西学生野球連盟】東(立命大)、中内(関学)、畠(近大)、阪本(関大)ー山岸(同大)、山野(近大)
【関西六大学野球連盟】楠本(神院大)、小屋(大商大)、堀田(大院大)、熊山(京産大)ー福山大(京産大)
[三塁打]山野(近大)、黒田(大商大)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西六大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
関西学生 0 0 0 1 0 1 0 0 × 2

試合後のコメント
2番手で登板した中内洸太「点を取られないことを意識した。三振もなく、しっかりみんなが守ってくれたおかげ。この期間でレベルアップして、次戦もチーム が勝つために少しでも貢献したい」
「8番・指名打者」で先発出場した片山翔太「四球を選べたことは良かったが、フル出場したので安打を打ちたかった。周囲のレベルが高く、すごくいい経験になっている。今日は打てなかったが、またチャンスをもらえればスーパーシードを獲得できるようにプレーしたい」

 

このページの先頭へ