160924%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・今季2本目の本塁打を放ち、仲間とハイタッチする近本>
 
 9月24日、ほっともっとフィールド神戸にて平成28年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節(対立命大1回戦)が行われた。序盤から許したリードに一時は2点差まで詰め寄るも、最後は突き放されて3-8で今季初の黒星となった。
 関学は初回、先発の中内洸(国4)が連打で2死一、二塁のピンチを背負うと、2点適時二塁打で先制される。すぐさま1点を返し反撃するも、牽制死で流れを断ち切られた。3回には安打、野選が絡まり3失点。4回裏に近本(法3)のソロ本塁打などで2点を返し、流れが変わったかと思われたが、5回以降はチャンスをつくるもあと1本が出ず。6回には犠打、失策をはさんで5連打で3失点。これがダメ押しとなり、今季初の黒星を喫した。
 あすは10時30分より、同球場にて2回戦が行われる。

div id="Book1_13122" align=center x:publishsource="Excel">

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 2 0 3 0 0 3 0 0 0 8
関学 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3