161004%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpeg
<写真・4打数2安打2打点の活躍を見せた大倉>

 10月4日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成28年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第5節(対近大1回戦)が行われた。関学は中内(国4)が先制を許すも今季初の完投。6ー1で勝利し、近大に先勝した。
 関学は2回に野選で1点を先制される。しかし直後の3回に大倉(経3)の適時打で同点に追いつくと、4回に大倉のこの日2本目の適時打と片山(商2)の走者一掃の3点適時三塁打で一気に突き放した。その後に相手の野選で1点を追加。中内はテンポの良い投球で近大打線を抑え、今季初の完投勝利を挙げた。これで関学は近大に6ー1で先勝。あすの13時より、同球場にて行われる近大戦第2戦で勝ち点奪取を狙う。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 1 5 0 0 0 0 0 6
近大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1


【関学】◯中内ー仲川(商4)
【近大】⚫︎岡田、池田、村西、横山ー山野
[三塁打]関学:片山
近大:谷川
[二塁打]関学:森中2(文3)、中内
近大:末武2

試合後のコメント
竹内監督「中内が良かった。相手は初球から打ってくる選手が多い中、うまく打たせてくれた。ピンチで打球が野手の正面だったり、ダイビングキャッチがあったりとこちらにつきもあった。打撃では調子が悪かった片山が3点適時三塁打を打ってくれてよかった。ここを取ればまだ優勝はある。連勝で勝ち点を取りたい」
岡山士朗(商4)主将「守備は良いプレーが多く、中内がよく投げてくれたし、点も取れたし良い試合だった。終盤に点を取れて関学ペースで試合を進めることができたのも良かった。(前節で立命大を相手に勝ち点を落とし)さすがに次の日はどんよりとした雰囲気だったが、前だけを向いてやってきた。自分は言葉だけではなく背中で示した。チームの雰囲気も下がらず良かったと思う。きょうの勢いのまま、あすも勝って近大から勝ち点を取る」
今季初の完投勝利を挙げた中内洸太「うまく打たせることができたし、バックの守りにも助けられた。きょうは三振は少なかったがテンポよく、低めへ投げ切れた。どんな展開になっても投げ切ると決めていたので、粘りながらも投げ切った。勝ち点を取るためにいつでも投げれるようにして、フル回転する」
3回に3点適時三塁打を放った片山翔太「この秋は全然調子が上がらず、前の打席でもチャンスを潰していたので、技術より気持ちで打とうと思っていた。学校がある中、スタンドには多くの部員が来てくれたので、その人たちのためにも打ちたかった。この秋は考え込んでしまうことが多いので、もう一度修正してあすに臨みたい」
今試合4打数2安打2打点の活躍を見せた大倉卓也「いつもと同じ気持ちで入れたことが良かったと思う。調子がいい感覚はないが、今までやってきたことが成果に出ている。下の学年の選手も多く試合に出ているので、自分が引っ張っていくつもりで、明日もいつも通りプレーしたい」

このページの先頭へ