161023%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpeg
<写真・試合後、笑顔を見せて写真に写る硬式野球部員>

 10月23日、わかさスタジアム京都にて平成28年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第8節(対関大3回戦)が行われた。関学は終盤まで追いすがるものの、初回の4失点が響き5ー7で敗戦した。
 先発の佐藤(社4)は初回に失策と2本の適時打で4点の先制を許した。その後、2番手で登板した重田(総4)が5回無失点と流れをつくる好投を見せる。3回には重田の三塁打から1点を返した。7回には2つの死球から小越(教2)と中西雄(法3)の適時打と仲川(商4)の犠飛で3点を返すも試合をひっくり返せず。5ー7で敗れ、関関戦での勝ち点奪取とはならなかった。
 今試合で4年生は引退となった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関大 4 0 0 0 0 0 1 0 2 7
関学 0 0 1 0 0 0 3 0 1 5

【関大】山本、濱田、阪本大ー久米
【関学】佐藤、重田、後藤田(経4)、中内(国4)ー福田(理4)、仲川

[三塁打]関学:重田
[二塁打]関学:姫野(社2)

試合後のコメント
竹内監督「初回に点を取られて、後手後手に回ってしまった。不運な点の取られ方もあったが、ミスにならないミスもあった。岡山(商4)主将を中心に日本一を目指してきた。結果は2季連続で4位だが、今までとは違うものだと思う。やってきたことは間違いではなかったと思うし、後輩がその姿を見て引き継いでほしい」
岡山士朗主将「初回に4点を取られて苦しい展開だった。(久々の自身の打席に)みんなの顔を思い浮かべながら打席に立った。その時は集中していて、周りの音が聞こえないくらいだった。(この1年を振り返って)逃げずにやってきて良かったと思う。苦しいことが大半だったけど、やり抜いて得たものも大きかった。いろいろ空回りしたけどがむしゃらにやってきて良かった。本当に野球をしてきて良かった。来年のチームには、リーグ優勝を決める試合で、大歓声の中で勝ってほしい。みんなが喜んでなおかつ結果もついてきているチームになってほしい」

このページの先頭へ