20170415%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・試合終了のあいさつをする関学>

 4月15日、皇子山球場にて平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第3節(対立命大1回戦)が行われた。先発の山口(社4)が4回表に2失点を許した。続く5回にも2失点を与え、降板。その後は、継投に入るも立命打線を抑えられないまま2桁安打7失点で敗れた。
 4回表、先発の山口が先頭打者を出すと、犠打、盗塁で好機を作られ、1死3塁。内野ゴロの間に先制点を許す。その後も適時二塁打を打たれ、2失点。その裏、関学は3番大倉副将(経4)が相手の失策で二塁に出ると、5番片濱主将(商4)のゴロの間に1点を加えた。続く5回表、山口は本塁打などでさらに2失点。4失点を許し、マウンドを後にする。関学は初登板の神野(商3)、谷川(社2)、松田(経2)の3投手で継投に入るも立命大打線を封じることができなかった。打線は相手の東投手の好投を崩せず1−7で試合が終了した。対立命大1回戦は白星発進。山口投手は今季2敗目となった。
 あす、同球場で10時30分より対立命大2回戦が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 0 0 0 2 2 2 0 0 1 7
関学 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

【関学】⚫山口(2敗)、神野、谷川、松田ー浅尾(法4)、佐竹(法4)
【立命大】○東(1勝2敗)ー栃尾
[本塁打]立命大:栃尾
[二塁打]関学: 片濱
立命大:脇屋、佐々木
[犠打]立命大:奈良龍
[盗塁]立命大:大谷

試合後のコメント
木内監督「山口が途中、上ずったのが全てですね。打線はチャンスがなかった。ランナーがいないと繋がらないのでお手上げ状態。(リーグ戦初登板の3投手について)もう少し、力があるはず。期待はしているから無理なくやってほしい。谷川はよかったね。(次戦に向けて)あしたもやることは変わらず、総力戦。何としても勝ちます」
片濱大輝主将「相手ピッチャーの東が良いことは分かっていたのでとにかく粘っていこうと話していた。だが、打線も守備も粘れず、きょうは良いところなし。(次戦に向けて)全くレベルが離れているわけではない。勝つためにやることやって勝利し、もう一度、東と戦う」
大倉卓也副将「全然だめでした。打撃、元気、集中力など点差が開くにつれて悪いところが出てしまった。(負けたのは相手投手の)東が良いのもあるけど何とかしようとする意識が足りなかったのもある。(次戦に向けて)あしたは、絶対に勝つ。負ければリーグ優勝はなくなる。死ぬ気でチームが勝つことを考え、しっかりやる」

このページの先頭へ