20170430%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8.JPG

<写真・逆転を許してホームベース付近で上を向く山口>
 4月30日、南港中央球場にて平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第5節(対近大2回戦)が行われた。先発の山口(社4)の立ち上がりは3回まで毎回先頭打者の出塁を許すも粘りの投球で無失点に抑える。緊迫した投手戦が続くも7回、無死1、3塁の好機で山口が適時打を放って先制に成功した。しかし、8回に適時3塁打と暴投で2点を許し逆転される。そのまま相手投手を打ち崩せずに1-2で敗戦。2つ目の勝ち点を落とし、優勝の可能性は消滅した。
 関学は近大先発のプロ注目左腕岡田から1~4回まで毎回得点圏に走者を進めるもあと一本が出ない。先発の山口は不安定な立ち上がりも粘投を見せ、無失点で切り抜ける。両校得点が入らないまま迎えた7回裏、先頭の比嘉(社3)と浅尾(法4)の連続内野安打でつくった無死1、3塁の好機で山口が右前に打球を運んで先制に成功する。しかし、直後の8回に2点を許して逆転されると万事休す。1-2で近大に連敗を喫し、優勝の可能性は完全に消滅した。
 次戦は5月5日、ほっともっとフィールド神戸で13時00分より対同大1回戦が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
近大 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
関学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1


【近大】〇岡田(3勝0敗)、横山―山本
【関学】⚫山口(0勝3敗)―浅尾
[三塁打]近大:竹村
[二塁打]関学: 中西雄(法4)

試合後のコメント
片濱大輝主将(商4)「きょうは先制できたけどもっと好機はあった。守備ではあと一歩粘れなかった。接戦をものにできなかったっていうのが一番。(初スタメンが3人いたが)調子を落としている選手が多いのでテコ入れしたけどはまらなかった。うちの選手は打てると思うしそこは何とかしてほしいですね。残りは3節。このままずるずるいくのか3つ取るのかでは大きく違ってくる。接戦を取りこぼさないように気持ちをしっかりと持って残り試合を戦っていきたい」
9回2失点の好投を見せた山口晃「課題の立ち上がりの悪さが出てしまった。守備から攻撃へリズムを作れなかったですね。後半は力で押せたし悪くはない投球ができた。制球はもっと向上させないといけないですね。(投手リーダーとして)投手陣が全体的に本来の実力が出せていない。本番でいかに実力を発揮するかが秋への課題です。点は取られてもその内容がよくないのも課題ですね。(残り試合は)とにかく秋につながるようにしないといけない。最少失点に抑える。自分自身としてはまずは1勝。チームの勝ちにつながるような投球をしていきたいです。課題はもう明らかなのでとにかくやるしかないです」

このページの先頭へ