20170506%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・9回10奪三振2失点の好投で大学初勝利を挙げた山口>

 5月6日、ほっともっとフィールド神戸にて平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第6節(対同大2回戦)が行われた。1回、関学は森中(文4)の適時打で先制するも、その裏に同点にされる。試合は5回に動いた。5回、先頭打者の中西雄(法4)が2試合連続となる本塁打を放ち勝ち越しに成功。続く、比嘉(社3)、大倉(経4)、森中、片濱(商4)の4打者連続安打と赤川(法3)の犠飛で3点を追加し、試合を決定づけた。投げては、先発・山口(社4)が9回10奪三振2失点の好投。大学通算初勝利を挙げ た。
 同大相手に2試合連続の二桁安打で連勝。今季初の勝ち点を奪った。次戦は、大阪市南港中央球場にて、平成29年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対京大3回戦)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 1 0 0 0 3 0 0 0 1 5
同大 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2

【関学】◯山口(1勝3敗)ー浅尾、佐竹(法4)
【同大】渡邉、●村居(0勝1敗)、仲野、難波、福島ー山岸
[本塁打]関学:中西雄(2号ソロ)
[二塁打]関学:森中
同大:前田

試合後のコメント
木内監督「素直にうれしいですね。(2試合連続本塁打を放った中西雄について)もともと勇気あるスイングと走りが自慢の選手。調子が戻るまで変えないと言っていました。(初勝利の山口について)球威はないので、低め低めに球を集めることに重点を置くように話していた。きょうは 徹底して低めで投げてましたね。(あと2節について)うちは、弱いチームかもしれない。だが、総動員で最後に勝つという野球ができればと思う。」
片濱大輝主将「昨日のようにヒットが多くでてリズムは作れたけどあと1本が出なかった。13安打で5得点は少なすぎる。調子は出てきたけどあまり勝った気はしない。エラーも多かったし精度の面で改善するべきところは多くある。これからまずは京大に勝つ。理想はここから3連勝で勝ち点3。気持ちの面を求めていきたい」
大学通算初勝利を挙げた山口晃副将「最後、ピンチをつくってしまい、やばいなと思っていたが、三振で締めくくれてよかった。個人としてはなかなか、勝てずにいたのでやっと勝てたなというのと今までやってきたことが間違 いじゃなかったと思った。残りの試合は秋につながるような試合をしていきたい。無駄な四球をなくして、リズムをつくれるようにしたい」
2試合連続となる本塁打と4安打を記録した中西雄大「打った瞬間だった。カーブを自分のスイングで捉えることができた。1打席目には先頭打者として初球から強く振り、センター返しがてきた。2試合連続の4安打はびっくり。前打ったからとか考えずに1打席1打席で勝負できた結果だと思う。残り試合は悔いのないように死に物狂いで頑張る」

このページの先頭へ