20171103%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
〈写真・代打で出場し、勝ち越し適時打を放った石原〉

 11月3日、同志社大学硬式野球場にて平成29年度関西学生野球連盟チャレンジリーグ第3戦(対同大)が行われた。関学は先発の石丸(商1)が3回に1死一、三塁の場面で犠飛を放たれ先制を許す。続く4回にも2死一、二塁から2点適時打を放たれ3回2/3、3失点で降板。打線は同大の井上瞭投手から得点を奪えない。だが7回表、1死満塁で5番指名打者の永業(経2)が2点適時打を放ち1点差に迫る。すると、代打の多木(法2)が同点打。さらには、代打の石原(法2)が勝ち越し打を放った。関学はこの回、打者一巡の猛攻で計4点を奪った。投げては、石丸の救援に入った原(経1)が4回1/3を投げ被安打1の好投。最後は抑えの宮本(社2)が3人で締めた。関学は4—3で逆転勝利。通算成績を2勝1敗とした。
 次戦は11月5日、立命館大学柊野グラウンドにて、平成29年度関西学生野球連盟チャレンジリーグ第4戦(対立命大)が行われる。

【関学】石丸、◯原、宮本ー山本(国1)
【同大】●井上瞭、都染、森ー山本、長野
[二塁打]関学:中尾、多木、蔵本(経2)
関大:足立

試合後のコメント
本荘雅章助監督「かみ合わない試合でミスも多かった。完璧負けるパターンだった。それでも勝てたのは、多木のような俺を出してくれというような強い気持ちを持った選手がいたから。あの場面で(走者を)返せたのは大したものだと思う。結果としては代打策がはまった。次戦の立命大は強いが、総力戦で勝負したい」
チャレンジリーグにおいて主将を務める三谷勇人主将(経2)「先制されて展開的には厳しかった。その中でなんとか最小失点に抑え、リリーフした原や代打の選手が役割を果たしてくれたから勝てた。初代チャンピオンを目指して立命大にもきょうのように粘り強く戦う」
代打で出場し同点打を放った多木「ストレートを狙っていたが、インコースに入った変化球を自然と打てた。ベンチからの声もうれしかった。きょう、しっかりとアピールできたので、どんな形でも出場できるように頑張りたい」
代打で出場し勝ち越し打を放った石原「(勝ち越しの適時打を放ち)シンプルにうれしい。打席を入る前は真っ直ぐを狙っていたが、結果的にはフォークを引っ張って打った。自分が打つ前に多木が同点にしてくれていたので、気持ちとしては楽に入れた。きょうは走塁のミスもあったので、あさって出れるか分からないが、出たらいい結果を残したい」
リリーフとして4回1/3を投げ被安打1の原「きょうはあまり調子がよくないまま登板した。それでも、調子が悪い中どれだけ投げれるかを課題としていたので結果としてよかった。秋のリーグ戦はベンチ入りできなかったので、来年の春にベンチ入りできるようにアピールしたい」

このページの先頭へ