150528%E7%94%B7%E3%83%90%E3%82%B9.jpg
<写真・閉会式、整列する選手たち>

 5月28日、関西学院大学総合体育館大フロアにて第38回総合関関戦前哨戦が行われた。関学は関大に77-63で勝利し、関学の白星をひとつ増やした。
 立ち上がりから関学がリバウンドをものにし、前半を11点差で折り返す。後半に入り、関大に流れが傾きかけるが、関学も主導権を譲らずリードを守りきった。関大に危なげなく勝利を収め、総合関関戦6連覇を達成した。

  1 2 3 4
関学 20 20 22 15 77
関大 12 17 16 18 63

試合後のコメント
主将渡邊翔太(人4)「観客がたくさん集まってくれた中で、もっと自分たちのプレーができたと思う。西カレに向かってチームが勢いづけていないことが結果に出てしまった。西カレに向け一体感を出せるかどうかが今のチーム課題だ」

このページの先頭へ