150610%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・シュートを放つ山本>

 6月10日、大阪市中央体育館にて男子第65回女子第64回西日本学生バスケットボール選手権大会3回戦(対新潟経営大)が行われ、関学は100ー67で勝利した。4回戦は11日、大阪府立体育会館にて12時半より行われる。
 関学は苦手とする出だしの攻撃に成功するも、第2Q(クオーター)に気持ちのゆるみから、新潟経営大に追い上げを許した。だが、後半から自分たちのリズムを取り戻した関学。終盤はコンビネーションプレーも連発し、100ー67で勝利した。

  1 2 3 4
関学 24 20 31 25 100
新潟経営大 15 16 9 27 67

試合後のコメント
主将PG石倉いずみ(文4)「いつも出だしが悪い関学だが、今日はよかった。でも逆に、安心してしまって第2Qでは点差を縮められてしまった。連戦となる西カレだが、コミュニケーションをしっかり取って、助け合いながらチームで決勝進出を目指したい」
今試合スタメンで出場し、ゲームを作り上げたPG山本美緒(社2)「少し前の練習からプレーに安定感が出てきたので、今日は緊張しなかった。身長が低い分、パワーでは負けないようにしている。自分自身のミスを減らし、ガードとしてもっと周りの人を生かせるプレーをしていきたい」

このページの先頭へ