150611%25E7%2594%25B7%25E3%2583%2590%25E3%2582%25B9.jpg
<写真・逆転の3点シュートを放つ渡邊>

 6月11日、大阪府立体育会館にて第65回西日本学生バスケットボール選手権大会4回戦が行われ、愛知学泉大に67-56で勝利した。
 相手のタイトなディフェンスに押され、思うように得点できずにいた関学。わずかなリードを保ちながら、試合を進めるも最終Qで逆転を許してしまう。それでも主将PG渡邊(人4)の3点シュートなどで再逆転に成功すると、そのままに逃げ切りに成功。準々決勝に駒を進めた。
 明日は、同会場にて17時半より中京大との準々決勝が行われる。


  1 2 3 4
関学 12 18 18 19 67
愛知学泉大 15 13 16 12 56

試合後のコメント
主将PG渡邊翔太「チームの勢いややってやろうという気持ちが足りない。スタートは意識していたが、相手の気持ちに圧倒されてしまった。西カレでは毎年苦戦しているが、思い切ってやるだけ。明日は今大会の山場。どれだけ全員でディフェンスに対して本気になれるかが鍵になると思う。一歩一歩進んで、優勝を勝ち取る」

このページの先頭へ